2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.25 (Wed)

気が付いたらなんかパッチが当ってた

ちょっとリアルが忙しいというか寝ても寝ても眠くて活動が冬眠状態でした。
引退とかは@2ヶ月の課金が切れるまではないのでそのへんはご安心下さい。

で、スピがこのパッチで大きく変わったのは2点
・エールがバフ消し可能
・詠唱後の射程が15mほど?延びた。


まずはエールがバフ消しできるようになったおかげで覚醒神ちゃんの火力役としてお呼ばれするようになりましたね。
要塞IDだけとはいえ、そちらでフレを作れば野良オンリーなスピでも、B~AポエタのPTに混ざるのも楽になるでしょう。
今後タフなソードで範囲進行がメジャーになるでしょうから、スペルとの席争いはフィフティーぐらいにまで持っていけそうですね。

次、射程が延びたことですが、これはローブにとってかなり、特にドレドギオンで有効な修正です。
相手が逃げてもスクリームを掛けるのに十分ですし、アンガーサイクロンも実用レベルになりました。
それ以上に有効な使い方が
『開幕、味方の前衛に範囲を打つ』
前衛が前に出るのと同時に、例えばアースブレードを打つと約25~35m付近で発動可能です。
ということは、実質の射程は40m~50m、それも範囲ですからハイドシャドウや敵の前衛に掛けるには安全かつ十分な初激です。
これがうまく使えるといきなりハイドから強襲される事がほとんどなくなり、また開幕からハイドプレイヤーにタゲを合わせることが出来ます。
これはスペルにとっても同様で、詠唱が長いほど遠くへ打てる範囲魔法として非常に使い勝手が良くなりました。
(特にアースブレードは範囲鈍足なので周りがそれにあわせ易くかなりおいしい一撃です)

『味方前衛にむけて開幕範囲』

これはドレドギオンにおいて、是非ローブ職(+弓?)に覚えてもらいたい動きですね。

これを実践投入した感じ、狭い通路では9割の確率でハイドシャドウをあぶりだせました。
いつもカモにされてるが、離れた位置で鈍足状態のシャドウは逆にこちらにとってカモ!
ドレドギが中々楽しい事になってきました。うふふ。
スポンサーサイト
06:13  |  AION  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。