2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.12 (Fri)

大切なことはゲームから学んだ【AoM】2

*この記事は去年mixiでFrontierが垂れ流した文章をちょっと修正加筆したものです。

RTS全般に言える事だが、AoMというゲームでは有利に勝負を進めるために大事なことがある。
・できる限り効率よく資源を集める事
・集めた資源を効率良く運用する事
全てはこのたったこの2点に収束される。

 効率よく資源を集める事というのは繰り返し行う練習で高めることができる。
だが、それをうまく使うことは非常に難しい。
ここではエースと負け犬のケースを取り出し見てみよう。

エース:集めた資源をほぼ0になるまですべて兵士へ投入
主導権を握るために消耗を恐れず、敵が最も攻撃されたくない場所を攻撃する。

負け犬:集めた資源を多目的に分散させ、さらに必要な時に使うために貯蔵
安定した供給を守るために攻撃と防御へ兵士を右往左往させ、主に自分自身を守る事や資源収集能力を上げる事に専念する

―――――このとき、エースは主導権を握る事、敵に被害を与える事、
そして最終的に勝利を得るための行動をとっている。

―――――負け犬は主体性を持たず、目の前の自己利益を追求することに動き、
また最終的にそれをどう使って勝つのかのビジョンを見ていない。



 弱者は大抵の場合、少しでも攻められると防御を優先してしまう。
原因としては上級者に即死させられた経験やどうしようもなく大負けした経験が多いだろうと考えられる。
そしてすぐには負けまいと粘ることを考え保守的になる。そしてまた負ける。

 上級者はそれを知っている。だからこそ、強気に出ることで勝利を得る。勝利を得る事でまた自信を得る。

―――――悪循環と好循環だ。


 保守的になることの何がいけないのか?
それは肝心な事をおぼろげにしてしまうからだ。
肝心なことは…勝つという目的
敵を倒さなければいけない状況で、自分を守ることに集中してしまう。
それが許されるのは、守れば勝つという状況のみだ。

だが、大抵の場合彼らは恐れる。
「自信がないから」
「勝てるわけがないから」
「もっと確実に勝てるようになるまで資源を蓄えたいから」
「守っていれば、いつか状況が好転するかもしれないから」


 忘れてはいけない。本当の目的を。


 何のために戦っているのかを。


 ゲームは、勝つまでに至るプロセスと結果を求めるために楽しむものなのだ。
ただ、やみくもにゲームを長引かせる事を楽しむ事だと勘違いしてはいけない。

 上級者と呼ばれる人間は勝つためだけに最善を尽くし続けているゲーム馬鹿だ。
そんな人間に簡単に勝てると思うのは大間違い。
だからといって目的を忘れ時間をかけさせるのでは無意味だし、時間の無駄だ。

 だから、全力を尽くしてさっさと100回負けてしまえばいい。
そして次のゲームで勝てばいいのだから。
勝てるようになればそれから1000回勝てばいい。

 勝つために最善を尽くし、そのプロセスでこそ見えるものがある。
負けないための戦いは、戦いではない。
ただの、お遊びだ。

―――――貪欲な勝利への欲求。
それがあってこそ負け戦ですら経験となり、強者への道となるのだ。

 ゲーム馬鹿は言う
「ゲームは遊びじゃねえんだよ!」

名言とも迷言ともとれるこの言葉。

あなたは今、勝つために行動していますか?
20:00  |  ゲーム学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://oo0o00o.blog61.fc2.com/tb.php/44-1077afda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。