2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.22 (Mon)

勧められて起業する者への警鐘

若者に起業を勧める嘘つきな大人たち

この記事を読んで思う事。
ひろゆきさんと対談経験のある堀江さんに対する辛口だとか言ってる人は何か違う。
この意見は若い起業家や起業を勧める事自体を批判しているとは思えない。
その意見に安易に促され起業が簡単で良いものだと勘違いしてしまう人に対する警鐘ではなかろうか。

江さんも儲けたければ起業をするべきだとあらゆるメディアで発言しているから確かにこの記事の対象だろう。
彼はプロの起業家であり経営者であり、営業マンだ。
メリットの提示でその気にさせるのはお手の物で、その文は力強く企業の意志が無い人にも魅力を感じさせてしまう。
当然魅力的なものに仕上がって無ければ本も売れない。
嘘つきや勘違いしているもいれば、言わなくて良い事を隠したりする営業マンもいる。
ひろゆきさんは安易にそういう言葉にひき寄せられる事が危険だと提示している。

事実、起業は元々やる気があって、リスクをのめて、ビジネスプランがあって
人脈、従業員、協力者-ヒト-
技術、アイディア-モノ-
自己資金+支援者-カネ-
この3つがそろわないとまず成功しない。

安易に始めれば莫大な時間と金と人生の浪費につながるだろう。
そして、勧められて始める人にそこまで揃う事はほとんど無い。

を嘘と見極める事が出来なければ、情報を利用することは難しい。
ひろゆきさんのこの記事もまた、あの有名な一言と同様だ。
起業のデメリットも、自分に何が必要なのかも、本当に自分にそれが向いているのかを考えるべきだ。

7年前からの起業の意志
2年前からの事業準備
やれるだけの人、物、金
これだけあっても、起業は怖い。
成功するかわからないし、既に100万を超える借金を抱えている。

起業は勧められてするようなものじゃない。
まずやろうとする意志があって初めて、後押ししてくれる意見としてそれを受け取るべきだろう。

07:31  |  起業録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://oo0o00o.blog61.fc2.com/tb.php/55-7f8d7ed0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。